数珠・念珠:仏さまを礼拝するときの法具

数珠は、仏さまを礼拝するとき、手にかける最も身近な法具の一つであり、一般に広く普及しています。ズズとも発音し、珠数と書いたりします、また念珠(ねんじゅ)ともいわれます。それは、念仏を唱えるとき、一声ごとに一玉操って、何回...

数珠・念珠:数珠の形式

数珠の形式は、宗派によって多少の違いはありますが、今日一般に使われているものは、百八個の主玉(子珠ともいいます)と、二個の親玉(母珠ともいいます)をつなぎ、親玉の片方に、記子二十個、記子二個、浄明一個をつけ、他方の親玉に...