メセナ(社会貢献)、フィランソロピー(文化支援)

150411rousoku

 

小堀は子どもたちを支援します 六世紀の仏教伝来以来、日本人の宗教心が技術を創造し、歴史に多くの逸品を生み出しました。 仏像や仏壇仏具他宗教用具づくりから始まった技術の進歩は、やがて、わたくしたちに快適な生活を提供してくれました。 しかし、現代では、人々の不安は高まるばかりです。かつて、日本人の宗教心により創造された伝統技術。今、そこに、きれいな心の子供たちに触れていただき、幼い頃から手を合わす「心」の大切さを感じてもらえれば‥。そんな願いを込め、わたくしたち小堀は子供たちを支援します。

■ろうそくが 照らす世界の 子どもたち

141222Afghanistan

2004年4月8日から始めた活動で、日本のお寺さんで使用済み和ろうそくをアフガニスタン・ネパール・カンボジアなどの途上国に贈ります。

和ろうそくは、明るく、すき間風にも消えにくく、植物系ですので石油を燃やしません。
途上国の子ども達の勉強用灯りになる学習支援は、「識字率上昇で人口増加率抑制」「収入向上」となり、人道支援にとどまらず温暖化を抑止する有効策となります。また植物系和ろうそくの普及運動にもつながります。

【おろうそく回収について】
お問い合わせは、フリーダイヤル(0120-27-9595)または、E-mail: info@kobori.co.jp にて承っております。
使用済みろうそく世界の子らへ
◆回収は小堀お客様係が自社便で直接お伺いしお預かりしますので、荷造りの手間や送料はいりません。
◆おろうそくの色は問いませんが、寺院用の和ろうそく(30~15 センチ位)に限ります。
◆いったん小堀京仏具工房で分類保管をします。
◆再利用困難なおろうそくは処分します。
◆国際輸送費の募金にご協力ください。
 ・みかん箱サイズ1コにつき3千円程の輸送費が必要になります。
 ・小堀京仏具工房での体験料講演料からも輸送費を寄付しています。
◆また「書き損じはがき」ご提供のご協力もお願いいたします。

この活動にご賛同戴き、チラシをお使いの際には、こちらのPDFをプリントください。(2016/03/22更新)

●御礼とご報告
2015/12/15 使用済みろうそく回収キャンペーンの御礼と報告 
2015/03/20使用済み御ろうそく寄贈活動2014‘御礼とご報告
2016/06/18使用済み御ろうそく寄贈活動2015‘御礼とご報告
*書類が必要な方は、こちらからPDFデータをご利用ください

●これまでの実績
こちらからPDFデータでご覧いただけます(2016/3/22更新)

■手をあわす 心を子ども 孫たちに

5

小堀京仏具工房(京都市山科区)では、仏壇仏具に使う金箔を「杯」に金箔を押してもらい記念に持ち帰ってもらう金箔押し体験(一人1回500円)を提供していますが、子ども金箔押し体験にはカスタネットの内側に金箔を押すなどのメニューもあります。子供の心のように純真な純金箔体験を大切なもに‥、そして、手を合わす「心」の大切さを感じていただければと願います。

 

 

■伝統を 学んでもらう 百々の子へ

地域内にある京都市立百々小学校の子どもたちに、学習の一環として、工房で仏壇仏具の製作工程の見学や金箔押し体験による伝統技術の世界へのお誘いです。この学習は、2004年から6年生のカリキュラムに組まれました。子どもたちに手作りの魅力を感じてもらい、金箔独特の表現美に心躍らせてもらうことで、日本の伝統工芸の応用が広がることを願います。学習の一環として、工房で仏壇仏具の製作工程の見学や金箔押し体験による伝統技術の世界へのお誘いです。

 

■きんぱくが のびて世界の 子を結ぶ

1

子どもたちの手で金箔押しができあがったカスタネットをカンボジアの小学校に寄贈します。カスタネットは子どもたちが始めて手にする楽器の一つですが、日本の小学生が仕上げたカスタネットをカンボジアの小学生が音楽学習で使っていただくことで互いの交流機会にもなります。仏壇仏具の伝統技術の体験とともに温かい心の響きが広がります。

 

(最終更新日150320)