2004/04/08 (釈尊誕生日)ご寺院様で使用済み蝋燭の回収キャンペーンの開始

       子どもらの 心におひかり ろうそくで
 ご寺院様でお使いになられたお蝋燭をご提供いただけませんか
 
京仏具(株)小堀では、ご寺院様のご使用済み「おろうそく」を開発途上国へ寄贈する活動を進めています。おしゃかさまの生地インド・ルンビニー(現在のネ パール)はたいへん貧しい国で電気の無いところでは菜種油などによる灯火(ともしび)を使用しています。ろうそくは高価で特別なとき意外は使えませ ん。子供たちは暗い灯火の周りに頭を寄せて合って勉強しています。一方、日本のお寺様にはご使用済みのおろうそくがたくさん残っています。もしネパールを始め貧しい国々の子どもた ちに使ってもらえれば‘こころに灯るおひかり’として蘇ることでしょう。

【最近の活動ご報告】
 ●2011/05/30 使用済みおろうそく回収キャンペーン11’のご報告
 ●2010/12/25
使用済みおろうそく回収キャンペーン10’のご報告
 2010/04/08 使用済みおろうそく回収キャンペーン’10
   書類でご報告の場合は、
こちらからPDFデータをプリントください。
 ●2009/10/20
使用済みおろうそく回収キャンペーン09’のご報告
 ●2009/05/07 使用済みおろうそく08′ 御礼とご報告
 ●2008/10/18 使用済みおろうそく回収キャンペーン08’のご報告
 ●2008/04/08 使用済みおろうそく回収キャンペーン’08
 ●2007/12/03 使用済みおろうそく07′ 御礼とご報告
 ●2007/10/08 使用済みおろうそく回収キャンペーン07′ ご報告
 ●2007/03/30 使用済みろうそく回収キャンペーンのご報告とお願い
 ●2006/10/01 使用済みおろうそく回収キャンペーンご報告
 ●2006/03/30
使用済みおろうそく寄贈活動のご報告と再開について  
 ●2005/12/20
使用済みろうそくアフガニスタンへ出荷
 ●2005/12/01
使用済みろうそく回収キャンペーンのご報告とお願い

【活動のご案内】

この活動は京都NGO協議会のネットワーク、日本ネパール教育協力会[JECS 理事長 石田 進様](JAPAN NEPAL EDUCATIONAL COOPERATIVE SOCIETY)のご指導により取り組みを始めました。京都NGO協議会は1987年に発足しました。目的は、世界の貧しい人々が貧困から解放されること、貧富の格差を生んでいる構造を不正義と捕 らえ、そこに社会正義が実現されること、そして世界の人々の基本的ニーズを充足させることです。NGOはこれらのためにヒューマン・ディベロップメントを目指して働くことと自然環境の保全を目的としています。
ところが、私たちの活動開始後にネパールの政情不安定で現地への寄贈が困難になりました。現在は、使用済みランドセルの寄贈事業を進めておられる(財)ジョイセフ(財団法人家族計画国際協力財団)さんに、多くのおろうそくをランドセルと一緒にアフガニスタン他の国々にお届けいただいてます。