数珠・念珠:仏さまを礼拝するときの法具

数珠は、仏さまを礼拝するとき、手にかける最も身近な法具の一つであり、一般に広く普及しています。ズズとも発音し、珠数と書いたりします、また念珠(ねんじゅ)ともいわれます。それは、念仏を唱えるとき、一声ごとに一玉操って、何回となえたかを数えることに用いたからです。