1991 カタログ「京仏具」平成3年度版 シリーズ仏像流転ーインド編1ー

シリーズ仏像流転ーインド編ー

平成3年度取材地一覧

釈尊がこの世をさられてからおよそ2500年。
人々はその遺徳をしのび、さまざまなかたちでそれを表現してきました。釈尊のみ教えが、ヒマラヤを越えシルクロードかた中国、日本へ、もう一方ではスリランカを経て東南アジアの諸国へと拡がってゆくなかで、その造形もそれぞれの地方色、時代色を反映し、個性豊かな表現の花を咲かせてゆきます。
しかし、一つ一つの造形の底流に脈打つものは、いずれもみ仏への敬愛の情、帰依の念、そしてそれをかたちにせずにはいられない人間のエネルギーの凄まじさでしょう。仏像や仏具を造る私たちにも、その伝統はまがうことなく滔々(とうとう)と受け継がれているのです。
仏像流転という雄大な流れの源に遡る旅を5年にわたってお届けします。第1回目の今年は、仏教発祥の地、悠久のインドから・・・・。
【平成3年度取材地一覧】
1. サーンチー 2.マトゥラー 3.サールナート 4.アジャンター 5.エローラ、オーランガバード 6.カーネリー 7.ニューデリー 8.ヴァイシャーリー
 
インド編は、5回に分けて掲載致します。Part1は、[無仏像時代]をお届け致します。
 

[Part1 無仏像時代]  [Part2 仏像誕生]  [Pat3 洗練の時代

Part4 石窟寺院の隆盛] [Part5 爛熱の時代
 

[無仏像時代]
■豊饒(ほうじょう)さにみちた原始仏教の世界。

サーンチー第1塔東門

今から約2500年前、インドはクシナガラの地で釈尊が入滅されるとき、「自らを燈明とし、法を燈明とせよ」と説かれたといわれています。もともと仏教は無神論的な世界観に立脚していたので、仏像を持ってはいませんでしたが、釈尊亡き後、その遺骨を納めるために塔が造立され、礼拝の対象となっていきます。そして、これらの仏塔を荘厳するために、釈尊の生前を語る本生物語やその生涯を伝える仏伝のレリーフが様々に施されることになりました。

 

サーンチー第1塔塔門レリーフ「従三十三天降下」
その代表的な最古の遺跡が、中インド・サーンチーの丘に立っています。
ここはかつて、古代インドにおける仏教の一大センターであったと伝えられています。巨大かつ3つの塔、それをとりまく欄楯や四方門、くずれおちた煉瓦が積み重なる僧院址・・・・。往時をしのばせるこれらの遺構の中でも、特に注目されるのは、第1塔の四方門と第2塔の欄楯に施されたレリーフでしょう。それは、仏伝や本生物語のほか、ヤクシー女神像や動植物など、おおらかな古代の民族信仰の意匠で埋め尽くされているのです。
その前にじっと立つと、古代の人々の声が聴こえ、エネルギーが伝わってくるようです。
しかし、この豊かな原始仏教の一大パノラマの中には、いまだ具体的な仏陀像は表されていず、法輪、台座、傘蓋、菩提樹、仏足跡などで象徴的に表されているのです。

 サーンチー第1塔北門レリーフ「仏足跡」とサーンチー僧院址遺構装飾

サーンチー第2塔欄楯夕景とサーンチー僧院址より第3塔を望む

 

 

 


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー