1991 カタログ「京仏具」平成3年度版 シリーズ仏像流転ーインド編3ー

シリーズ仏像流転ーインド編ー

平成3年度取材地一覧

釈尊がこの世をさられてからおよそ2500年。
人々はその遺徳をしのび、さまざまなかたちでそれを表現してきました。釈尊のみ教えが、ヒマラヤを越えシルクロードかた中国、日本へ、もう一方ではスリランカを経て東南アジアの諸国へと拡がってゆくなかで、その造形もそれぞれの地方色、時代色を反映し、個性豊かな表現の花を咲かせてゆきます。
しかし、一つ一つの造形の底流に脈打つものは、いずれもみ仏への敬愛の情、帰依の念、そしてそれをかたちにせずにはいられない人間のエネルギーの凄まじさでしょう。仏像や仏具を造る私たちにも、その伝統はまがうことなく滔々(とうとう)と受け継がれているのです。
仏像流転という雄大な流れの源に遡る旅を5年にわたってお届けします。第1回目の今年は、仏教発祥の地、悠久のインドから・・・・。
 
【平成3年度取材地一覧】
1. サーンチー 2.マトゥラー 3.サールナート 4.アジャンター 5.エローラ、オーランガバード 6.カーネリー 7.ニューデリー 8.ヴァイシャーリー
 
インド編は、5回に分けて掲載致します。Part3は、[洗練の時代]をお届け致します。
 
Part1 無仏像時代]  [Part2 仏像誕生]  [Pat3 洗練の時代]
Part4 石窟寺院の隆盛] [Part5 爛熱の時代

[洗練の時代]
天地をうめつくす、聖と俗の饗宴

■初転法輪の地の静かなる微笑

1.サールナート考古博物館「仏立像(上半身のみ)」

2.マトゥラー博物館「仏立像」1.サールナート考古博物館
「仏立像(上半身のみ)」(5世紀)

2.マトゥラー博物館「仏立像」(5世紀)

3.マトゥラー博物館「仏頭」(5世紀、マトゥラー)

4.サールナート考古博物館「仏頭」

5.サールナート考古博物館「釈迦八相図」(5世紀)

6.サールナート考古博物館「初転法輪仏坐像」
(5世紀、サールナート)

7.鹿野苑遺構よりダメーク塔を望む

8.サールナート考古博物館「奉献塔」
(6~7世紀、サールナート)

9.サールナート考古博物館「観音菩薩立像」(5世紀、サールナート)

10.サールナート考古博物館「青頸観音菩薩坐像」(5世紀、サールナート)

11.サールナート考古博物館「観音菩薩立像」(6世紀)

   3.マトゥラー博物館「仏頭」  4.サールナート考古博物館「仏頭」   5.サールナート考古博物館「釈迦八相図」

6.サールナート考古博物館「初転法輪仏坐像」、7.鹿野苑遺構よりダメーク塔を望む

マトゥラーでははじめて造形化された仏像は、その後、次第に洗練の度を深め、グプタ時代(5世紀頃)に入ると、極めて優雅な様式の仏像が次々と造られるようになりました。
グプタ朝は、中インドを中心に栄えた王朝で、文化や学芸が非常に盛んでした。このような環境の中だからこそ、石彫も前代の様式をさらにインド的に展開し、独特の作風を完成させることができたのでしょう。その作風とは、一言でいって、調和・均整の美であり、豊かな表情と相まって、より深い精神性の表現に成功しています。
これらの仏像のマトゥラーと並び称される宝庫が、奇しくも釈尊の初転法輪の地サールナート。今も巨大な仏塔とそれをとりまく無数の礎石をのこす、いわゆる鹿野苑であります。この聖地にほど近く、サールナート仏の優品が数多く集められ展示されているサールナート考古博物館があります。世に名高い初転法輪仏坐像をはじめとする如来像や、仏伝の四相・八相図など見ごたえのある内容となっています。そしてまた、蓮華を手に執ったり、頭に化仏を配した菩薩像なども遺され、装飾性豊かな像が創出された次の時代の萌芽をみることができます。作風の上では、マトゥラー仏が、静謐(じょうびつ)さの中にも厳格さ、力強さを秘めているのに対し、サールナート仏はより柔和に穏やかに表現され、全体に清澄さに満ちています。衣服の襞はほとんどといっていいほど刻まれず、柔らかな肉体に、一種瞑想的な趣きを醸し出す尊顔が捉えられています。その表情は、さとりの彼岸から放たれる一条の光明のように輝きに満ち、私たちを静かに照らし出しているのです。
 8.サールナート考古博物館「奉献塔」  9.サールナート考古博物館「観音菩薩立像」  10.サールナート考古博物館「青頸観音菩薩坐像」  11.サールナート考古博物館「観音菩薩立像」
 

 

 


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー