1991 カタログ「京仏具」平成3年度版 シリーズ仏像流転ーインド編4ー

シリーズ仏像流転ーインド編ー

平成3年度取材地一覧

釈尊がこの世をさられてからおよそ2500年。
人々はその遺徳をしのび、さまざまなかたちでそれを表現してきました。釈尊のみ教えが、ヒマラヤを越えシルクロードかた中国、日本へ、もう一方ではスリランカを経て東南アジアの諸国へと拡がってゆくなかで、その造形もそれぞれの地方色、時代色を反映し、個性豊かな表現の花を咲かせてゆきます。
しかし、一つ一つの造形の底流に脈打つものは、いずれもみ仏への敬愛の情、帰依の念、そしてそれをかたちにせずにはいられない人間のエネルギーの凄まじさでしょう。仏像や仏具を造る私たちにも、その伝統はまがうことなく滔々(とうとう)と受け継がれているのです。
仏像流転という雄大な流れの源に遡る旅を5年にわたってお届けします。第1回目の今年は、仏教発祥の地、悠久のインドから・・・・。
 
【平成3年度取材地一覧】
1. サーンチー 2.マトゥラー 3.サールナート 4.アジャンター 5.エローラ、オーランガバード 6.カーネリー 7.ニューデリー 8.ヴァイシャーリー
 
インド編は、5回に分けて掲載致します。Part4は、[石窟寺院の隆盛]をお届け致します。
 
Part1 無仏像時代]  [Part2 仏像誕生]  [Pat3 洗練の時代

[Part4 石窟寺院の隆盛] [Part5 爛熱の時代

[石窟寺院の隆盛]
天地をうめつくす、聖と俗の饗宴

■絢爛豪華な仏教装飾の殿堂
オーランバード石窟、エローラ石窟

西インド、特にデカン高原の西側一帯には、1000にものぼる石窟寺院が点在しています。それぞれの寺院は、仏塔を本尊として祀る塔院窟(チャイティヤ窟)と、僧房にあたる僧院窟(ヴィハーラ窟)などから成っています。
開窟の時期は大きく前期と後期とに分けられ、紀元前1世紀~紀元後2世紀頃の前期においては、仏塔信仰のみであります。やがてグプタ朝以後、5~8世紀の後期になると、仏塔と仏像が一体化したり、僧院窟の奥に仏像を安置した堂を設けたりするようになり、大乗仏教的な信仰形態に移行していくさまをうかがうことができます。

ダウラタバード要塞、オーランガバード石窟、カーネリー石窟、エローラ石窟
後期窟の中でも、アジャンター、オーランガバード、エローラなどは、インドにおける仏教美術の白眉といえましょう。長い時間と膨大な労力をつぎこんで、巨大な岩山をくり抜き造られた寺院は、それだけで私たちを圧倒するのですが、その内部の装飾にはさらに目を瞠(みは)らせるものがあります。列柱にはことごとくに緻密なレリーフが施され、壁は色鮮やかで艶麗な壁画で埋め尽くされています。特にアジャンダーのそれは、仏伝や本生物語、仏・菩薩像ばかりではなく、華麗な動植物の文様や、王宮の生活や戦争の様子なども描かれ、独自の世界を形成しています。彫刻も素晴らしく、初転法輪像をはじめ、種々の如来、菩薩像、守護神が奔放に造形化されています。現代の私たちにまで連なる信仰のルーツは、確かにインドにあったことが実感として迫ってきます。

アジャンダー石窟
この豪華な石窟寺院を寄進、造営した担い手は、王族や大商人、大船主たちだったといわれています。彼らは西インドの豊かな商業地帯を基盤に富を蓄積し、それを壮大な寺院につぎ込んだのでしょう。功徳を積むために、あるいはこの世の利益を祈願するために、俗世で為し得る最大限の努力をはらったのだといえるのかもしれません。
それにしても、これほどの荘厳が必要だったのでしょうか。王宮や貴族生活さながらの絢爛さ―。その一つの答えは、インドでその後、仏教がたどった道が示してくれているようにも感じられます。

 アジャンダー石窟、カーネリー石窟

【注釈】

1.オーランバード石窟「第7窟仏堂左壁浮彫・歌舞供養」(6~7世紀)
2.エローラ石窟「第10窟内部」(7世紀)
3.ダウラタバード要塞と西デカン高原
4.オーランガバード石窟「第9窟前面・女神像」(6~7世紀)
5.カーネリー石窟「第41窟前面右壁・十一面観音立像」(7世紀)
6.エローラ石窟「第12窟三階・過去七仏瞑想坐像(部分)」(6~7世紀)
7.アジャンダー石窟「第1窟仏堂・初転法輪仏坐像」(6世紀)
8.アジャンダー石窟「第26窟左廊・仏涅槃像」(6~7世紀)
9.アジャンダー石窟「第1窟壁画・持蓮華菩薩像」(6世紀)
10.アジャンダー石窟「第17窟壁画・カピラ城に帰還した釈迦像」(5世紀)
11.カーネリー石窟「第34窟天井・触地印仏坐像下絵」(6~8世紀)
12.カーネリー石窟「第90窟左壁・観音十難救済図」(7世紀)

 


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ
null
カタログご請求のページへ

知っておきたい「弔事の服装」解説付お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。


うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー