1991 カタログ「京仏具」平成3年度版 シリーズ仏像流転ーインド編5ー

シリーズ仏像流転ーインド編ー

平成3年度取材地一覧

釈尊がこの世をさられてからおよそ2500年。
人々はその遺徳をしのび、さまざまなかたちでそれを表現してきました。釈尊のみ教えが、ヒマラヤを越えシルクロードかた中国、日本へ、もう一方ではスリランカを経て東南アジアの諸国へと拡がってゆくなかで、その造形もそれぞれの地方色、時代色を反映し、個性豊かな表現の花を咲かせてゆきます。
しかし、一つ一つの造形の底流に脈打つものは、いずれもみ仏への敬愛の情、帰依の念、そしてそれをかたちにせずにはいられない人間のエネルギーの凄まじさでしょう。仏像や仏具を造る私たちにも、その伝統はまがうことなく滔々(とうとう)と受け継がれているのです。
仏像流転という雄大な流れの源に遡る旅を5年にわたってお届けします。第1回目の今年は、仏教発祥の地、悠久のインドから・・・・。
 
【平成3年度取材地一覧】
1. サーンチー 2.マトゥラー 3.サールナート 4.アジャンター 5.エローラ、オーランガバード 6.カーネリー 7.ニューデリー 8.ヴァイシャーリー
 
インド編は、5回に分けて掲載致します。Part5は、[爛熱の時代]をお届け致します。
 
Part1 無仏像時代]  [Part2 仏像誕生]  [Pat3 洗練の時代
Part4 石窟寺院の隆盛] [Part5 爛熱の時代]

[爛熱の時代]
天地をうめつくす、聖と俗の饗宴

ヴァイシャーリー考古博物館■ヒンドゥー教との出会い

6~7世紀以後は、インドにおいてヒンドゥー教が広まりを見せ、その美術が台頭してくる時期です。パーラ朝(8~12世紀頃)の時代に入ると、特にその影響を受けて、仏教美術の最後の花とも言うべき造形活動が、東部地域を中心に盛んになります。
また、この時代には大乗仏教がさらに展開し、密着化してきます。それとともに、多面多臂の菩薩像や大日如来像など新しい仏像、明王や諸天像などが登場し、大乗的なみ仏の世界が完成したとも言えるでしょう。造形的には、極めて繊細で装飾性に富んだ特徴を持っています。それは、ヒンドゥーの神々の像に見られる官能性や精緻さ、といったものと非常に近しい間柄にあるように思えます。
やがては仏教自身が密教化の果てにヒンドゥー教との差異をなくし、またイスラム教徒の侵入、破壊が決定打となって、自らを生み、育んだインドの大地から消え去っていくことになるのです。

 

 

1.ヴァイシャーリー考古博物館「触地印仏坐像」
  (11世紀、ヴァイシャーリー)

2.サールナート考古博物館「菩薩頭部」(10世紀)

3.ニューデリー国立博物館「大日如来坐像」
  (10世紀、ナーランダ)

4.ニューデリー国立博物館「触地印仏坐像」
  (10世紀、ナーランダ)

5. ニューデリー国立博物館「クリシュナ神」(15世紀、南インド)

 


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ
null
カタログご請求のページへ

知っておきたい「弔事の服装」解説付お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。


うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー