古材でつくる一生の想い出

 生まれ育った実家のお家(うち)   小さい頃の想い出いっぱい  とうとう明日、取りこわされる
 何か一つくらい残しておこう   記憶が消されないように

なつかしき想い出グッズで   家族の絆を!  

仏教聖典に、「一つとしてわがものというものはない。すべてはみな、ただ因縁によって自分にきたものであり、しばらく預かっているだけ」とあります。ものを大切にし、生かして使わなければなりません。日本人になじみの深いこの精神を子孫に伝えたいものです。

◆「一生の想い出」って? 住宅・町家の古材や、ご先祖が大切にしていた処分されるお仏壇の材木の中には質の良い使えそうなものが見つかることもあります。そこで育ち、独立した家族が、それぞれの暮らしの中で大切な想い出の品として残し、家族の絆を感じてもらいます。また、伝統技法の、うるし塗り・金箔・蒔絵・彩色などで装飾したり、さらに、家の記録や記念を文字で印し「家宝」として残すこともできます。実はこれって、お仏壇の役割の一つでもあったのですね。

◆どんなものが作れるの? 花瓶敷・ペン皿・ペン立・飾り絵馬・お念珠・小物入れ(香盒)・短冊掛けを見本としてご紹介させていただきました。 床の間に花瓶敷は、いかがですか。お家のPCデスクの隅に、やさしい木のぬくもりを感じるペン立ては、きっとステキ!大切な指輪やイヤリング、古材を利用した大切な小物入れで保管します。

◆再利用できるのはどんな木? けやき・ヒノキが適していますが、杉・松などで作れるものもあります。 割れや腐敗・虫害などで再利用できないこともありますのであらかじめご承知くださいませ。

◆数量や価格は? 数量は1点からで、手作りのオーダーメードです。金額は5千円程度からですが、正確にはお見積もりさせていただきます。

◆製作の流れは? 

 材木査定 → 製作可能な商品提案 → 見積もり → 注文 → 製作 → 納品  

材木査定は、一部を小堀の店舗へお持ちいただくか、お客様係が訪問してお預かりさせていただきます。

◆製作期間は? 商品によって大幅に異なりますが、かんたんなもので2ヶ月位です。 ここに記載させて頂きましたのは、一例です。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

花びん敷&コースターペン皿&ペン立小物入れ(香盒)短冊掛けお猪口飾り絵馬

  【花びん敷&コースター】

1.巾27cm 奥行16cm 厚み1.5cm
 裏面はこちらから。

2.巾38.3cm 中央巾24cm 厚み2cm
裏面はこちらから。

3.巾12.5cm 奥行12.5cm
厚み1.8cm

裏面はこちらから。

4.巾12.5cm 奥行12.5cm
厚み1.8cm
裏面はこちらから。

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【ペン皿・ペン立】

ペン皿 23cm×10cm
 底に書かれている模様は、
こちらから。

ペン立て 10cm角12.5cm高
上から見ると、
こんな風になっています

【小物入れ(香盒)】

丸型 「牡丹」 直径8cm 高さ2.5cm
 ふたをすこし開けて
横から見ると、こうなります

丸型 「松」 直径7.7cm
高さ2.6cm

 ふたを閉めた状態で、
横から見ました

丸型 直径8㎝

 ふたを少し開けて横から見ると、
このような感じです

角型 7.5cm角
ふたをあけて見ると、
このような感じになっていました。 

【短冊掛け】

短冊掛けです。 総長さ56.3cm
巾8.5cm  短冊サイズ 長さ38.7cm
ご本堂建替えの折にでた、天井板を使用して再生されました。

【お猪口】

直径 6.3㎝ 高さ4㎝

上:さくら
下左:ひょうたん  下右:松

「さくら」

「まつ」

null 「ひょうたん」

【飾り絵馬】

巾21.5cm 高さ 17.5cm 厚み 0.7cm  

↑このページの上に戻る↑

 


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー