2003/11/15 宗教工芸新聞 新型仏壇「灯」と「校倉」

グッドデザイン賞受賞

京仏具小堀が「灯」を開発したのは1966年(昭和41年)のこと。故小堀嘉一前会長が設計コンセプトを創り、建築デザイナーが図面を作成。
「手をあわす 心を子供や 孫たちに」というのがコンセプトでそのデザインは今に至るまで全く古さを感じさせずロングセラーの製品となっている。(28面)

もう少しこのニュース記事を はっきりとご覧になりたい方は上の画像をクリックするとご覧頂けます。