2004/10/25 週間京都経済 家庭用の納骨壇を発売

商品名は「かたわら(傍)」。日本の仏式の葬祭では一般的に、火葬後のお骨をいったん自宅に安置し、墓地が確保でき次第埋葬する。しかし遺族の自宅から離れた場所に墓地を確保することが多いため、遺族が遺骨をそばにおきたい、という要望を寄せることが増えているという。(7面)

画像をクリックすると拡大します。