2005/03/01 春のイベント開催、『新商品の舞台裏が面白い!』

伝統が先端と手をあわすとき、開発中の新商品や鎌倉時代の仏具などを公開

仏壇仏具の製造小売の「京仏具(株)小堀」(本店 京都市下京区)が開催するイベントで、先端技術者と連携して進める開発商品の舞台裏を公開、お客様は今までにない新しい体験をすることができます。また、同社に代々伝わる逸品や工程見本の展示と解説をします。


小堀では、新商品や新サービスを開発段階から公開し、お客様と技術者の意見を取り入れながら伝統産業と先端技術の融合に取り組んでいます。4月1日(金)~5日(火)<午前9時~午後5時>、東本願寺前本店で開催のイベントで協賛の先端業者と共に、その全貌を発表、一挙公開します。期間中は、ネットワークカメラでイベントの様子をライブ中継しますので、同社webからも見ることができます。

お寺様には、石の階段や石畳などがあり年配の方が多く参詣されます。足腰が弱い高齢者にとって石は滑りやすく危険です。そんな心配を解決するのが『防滑』です。表面に7マイクロメートルの穴を無数にあけ、表面張力作用を生かした新技術です。大理石や御影石に滑り止め施工技術で、安心・安全の施設に。会場で防滑処理された石をデモ体験することができます。ノン紫外線赤外線のコーナーでは、新しいガラスの時代を紹介します。紫外線カットは今ではあたりまえですが、近赤外線を同時にカットできる被膜技術は画期的です。しかも可視光線透過率も抜群で、室内を明るく保てます。

フィルムタイプとフロータイプの2種類ありますが、ガラス面に施工するだけで紫外線は99%、近赤外線は80%前後室内への侵入を防ぐことができ、漆や金箔などの劣化防止に最適です。セキュリティーのコーナーでは、電気錠との組合せで、静脈照合によるドアの開閉ができる「指静脈認証システム鍵」のデモ体験ができます。本堂や納骨堂はお檀家にとって、いつでも自由にお参りできることが求められますが、防犯上閉ざされる寺院が増えています。自分の指が鍵替わりとなり、子供やお年寄りに鍵を持たせる必要がありません。紛失する心配がなく安心です。入退出管理ができることから一人暮らしの高齢者お檀家に対するシルバーケアーもできます。

その他、近く完成予定の仏教讃歌伴奏付「ワイヤレスマイク&スピーカー」、鳥のさえずりが遠くへ飛ぶ原理を参考に開発された「高音質スピーカーシステム」、新たなる写真技術による肉眼では識別できない絵や墨の文字を浮かびだす「写真技術による文化財復元」、「LEDを採用した仏具照明」、新商品の「家庭用納骨処(かたわら)」「石製納骨壇」「仏像復元データ作成サービス」などを展示します。期間中は、同社に代々伝わる「社宝」の鎌倉時代の仏具や工程見本、本山に関する資料などの展示と解説のコーナーも設けます。


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー