2005/03/12 日本経済新聞 匠を磨く

寺院向け仏具 修復通じ技術極める

京都・東山のふもとにある小堀京仏具工房(京都市)

和風の建屋が立ち並ぶ敷地の一角に、寺院建築のミニチュアのような厨子(ずし)と呼ぶ仏具を製作する工房がある。ここで指揮を執る後田文武氏が、内製化の立役者だ。(39面)

もう少しこのニュース記事を はっきりとご覧になりたい方は左の画像をクリックするとご覧頂けます