2005/07/26 転ばぬ先の防滑加工、お寺で転倒事故をなくしたい

老舗仏壇店が寺院へ防滑加工(ぼうかつかこう)の普及を進める

京仏壇京仏具製造販売の「小堀」(本店 京都市下京区)は、伝統産業を扱うなかで優れた先端技術者との連携を積極的に進めていますが、来月より、全国の寺院を中心に境内の石畳などに防滑加工をお薦めします。


同社では、新商品や新サービスを開発段階から公開し、お客様と技術者の意見を取り入れながら伝統産業と先端技術の融合に取り組んでいます。4月に開催した東本願寺前本店で開催のイベントで紹介した防滑技術について、関心をお持ちのお客様が多かったことから、8月1日より、主に寺院に向けて紹介活動を開始します。

お寺様には、石の階段や石畳などがあり年配の方が多く参詣されます。足腰が弱い高齢者にとって石は滑りやすく危険です。そんな心配を解決するのが『防滑』です。表面に7マイクロメートルの穴を無数にあけ、表面張力作用を生かした新技術で、滑りの大敵である水分を逆に利用する点が特長です。効果も3~5年持ち、大理石や御影石に滑り止めの施工をすることで、お寺が安心・安全の施設になります。

日本では、高齢化社会とともに転倒事故が増えています。不慮の事故による死亡原因の第1位は交通事故ですが、第2位は転倒事故です。厚生労働省大臣官房統計情報部のデータによりますと、転倒・転落が原因の死亡数は、平成10年以降毎年6千人を越えます。
実際の施工は、有限会社近畿防滑※1が担当しますが、「お寺で転倒事故をなくしたい」という思いから、小堀が同社と連携して寺院への販売を進めます。

希望の方には、1平方メートルまでのお試し施工で効果を確認することができます。お試し施工は全国無料で、お申し込みは京仏具(株)小堀まで。施工日はお客様とご相談のうえ決めますが、施工に要する日数は一日です。

※1有限会社近畿防滑(きんきぼうかつ)
所在地:〒600-8433京都市下京区高辻通室町西入繁昌町295-1(大阪屋京都1号館5階)
代表者:取締役社長 高鶴芳政(たかつる よしまさ)
TEL:075-353-5705  FAX:075-353-5706
URL��http://www.kinki-bo…


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー