2005/10/26 始まるビジネスブログ、変わるネット社会

伝統産業初!従来のホームページとは似て非なる「仏壇屋さんの勇気ある挑

京仏壇京仏具の「小堀」(本店・京都市下京区)は、11月4日より現在のホームページを全面的にリニューアルし、「お客様の審判を公開するホームページ」「コミュニティを形成するホームページ」という思いきった先進的な取り組みを始めます

業績は、お客様評価の結果ですが、売り手側にはそのお客様評価が即座に耳に入りません。商品やサービスの価値を一番よく知っている人は実際にそれを使った人ですが、口コミが先行、売り手の耳に入るのは後になります。さらに、マイナス情報のすべてが経営者に伝わることは容易ではありません。
今回のリニューアルは、昨年から急激に普及しだした「ブログ」*1のコミュニケーション機能を活かしたものです。掲載のすべての商品やサービスに対し感想や評価をだれもがかんたんに書くことができ、そのコメントが公開されます。売り手に対するマイナス評価のコメントもあるでしょうが、あえて「審判」を公開します。品質の見極めが難しい伝統産業の仏壇仏具業界において、先端の情報技術を駆使した思い切った勇気ある取り組みです。商品・サービス質向上には覚悟を決めて取り組まなければなりません。売り手に対し厳しいコメントが寄せられることも予想されますが、むしろ欠点を早く知ることができ、スピーディな改善修正が可能になります。結果、いち早くお客様のご満足を提供できることになるでしょう。また、商品・サービス以外の情報にもコメントを書くことができます。仏壇や墓など仏事全般に関することで、店とお客様間だけでなく、同じ問題をかかえる人々がネット上で交流できる機能を充実させ、コミュニティを形成するシステムの運用を始めます。同社専務小堀進が開設した、「仏壇屋さんの舞台裏」の個人ブログでさえも読者から感想が書き込まれます。わずか10年で8千万人が使うまでに成長したインターネット。ホームページでだれでもかんたんに情報を入手できるようになりました。さらにブログによって、だれでもかんたんに情報発信ができるようになり、さまざまな主義主張や感想があふれる新しいネット社会の幕開けです。これまでの同社のホームページにも仏事に関する相談や資料請求の件数が増えていますが、その背景には、核家族化や単独世帯が増える日本の家族の変化があります。かつて、仏事のことは家庭で祖父母が教えてくれていましたが今は身近に聞ける人がいません。「お墓探しで困っている人の不安に、先に買い求めた別の人が応えてくれる親切な心」「人々がもつ悩みや問題解決に互いが役立つことができた際の喜び」「価値観を共感できる人々と能動的に交流がもてる安心感」といった、ネット上で人として生きる本質的な絆を経験できるコミュニティが形成されます。オンラインショップのページでは、3千点を超える商品が追加されますが、お客様は買い手の情報を参考に、わかりにくい仏壇仏具を安心して購入することができます。進むIT社会でお客様に情報不足による不利益があってはなりません。「審判公開」「コミュニティ形成」は、これからの商店としての社会的な使命の一つと言えるでしょう。京仏具(株)小堀のURLはhttp://www.kobori.c… です。


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー