2006/07/13 京都新聞 伝統の金箔張り体験(仏壇工房にて)

山科・百々小 校章形の文鎮作成
京都市山科区の百々小の児童が12日、学区内にある京仏具会社の工房で、金箔張りを体験した。校章をかたどった文鎮に厚さ1万分の一ミリの金箔を緊張した面持ちで張り、伝統産業の技術にふれた。

 百々学区に工房を構える「小堀」(下京区)が、仏壇仏具を身近に感じてもらおうと二年前に、同小に呼びかけて始めた。六年生約百人が社員に手ほどきを受けた。

京都新聞電子版はこちらからご覧いただけます。