2006/12/19 老舗仏壇店の新サービス、ミニ仏壇に転写シールで京の彩蒔絵

– お仏壇に蒔絵(いろまきえ) –

 京仏壇京仏具の「小堀」(本社・京都市下京区)は、(財)京都市中小企業支援センターの「京都ものづくり企業 縁むすびプロジェクト」*1のマッチングにより、クラフト京都(東洋ケース株式会社:京都市右京区)*2が開発したさいしき彩色まきえ蒔絵風のシールをお客様のご希望に応じて仏壇などに転写するサービスを始めます。

 核家族化や一人暮らしの高齢者の増加は、自分の子孫にお仏壇を受け継いでくれる人がいなくなるという問題を生み出しています。半世紀前、お客様が求められるお仏壇は、マンション世帯の増加とともに、スペースの理由で大型から中型へと進みました。さらにこの数年は、単独世帯の増加という家族構成の変化により、一人用仏壇としての小型化・簡略化が進んでいます。家族で代々おまいりするものから一代限りへと、お仏壇のあり方に変化が表れています。
 クラフト京都が開発した彩蒔絵シールを簡素な小型仏壇の外側や内部の段正面・天井などに張ることで伝統の京仏壇の風合いを表現することができます。
 この彩蒔絵シールは、「ほんものの蒔絵・彩色に近い色合い」「盛り上げ蒔絵の風合い」「水・洗剤に強い」「曲面にも接着が可能」「転写がかんたん」「接着力が強い」といった特長があります。サイズは60х90ミリ(台紙込み)で1枚580円。図柄は、「金閣寺」「舞妓」「鳳凰」「紅葉」など12種で、京都らしさや和風の趣を表現しています。お手ごろな2万円台のお仏壇にシールを3~5枚転写すると、2~3千円の費用で荘厳感を増すことができます。平らなものであればかんたんに転写ができることから、携帯電話や手鏡、食器、名刺盆、アクセサリーなど応用範囲が広く、転写シールそのものを記念品としても販売します。
 安価な転写シールの広がりによって、ほんものの日本の伝統技術を見てもらうきっかになればと、外国人のおみやげとして店頭やインターネットで販売を始めます。また、来年1月に開催されるニューヨーク国際ギフトフェアー*3にも出品し、日本の伝統美を世界に向けて、かんたんに使える商品として発信します。
 多くの伝統技術を結集した仏壇仏具は仏教文化とともに技が培われ歴史に逸品を残してきました。小堀進専務は、「家具調仏壇やコンパクトな仏壇の普及で失われていく日本の伝統美に対する感性を呼び戻したい」と願いを込めます。

*1(財)京都市中小企業支援センターの「京都ものづくり企業 縁むすびプロジェクト」
優れた技術力を持つ意欲ある「市内ものづくり系中小企業」の皆様を対象に,次の二つのマッチング事業を中心とした様々な支援策を活用し,企業の維持・発展に重要な「取引先・提携先拡大」等を積極的に支援するプロジェクトです。
(財)京都市中小企業支援センター
〒600-8009京都市下京区四条烏丸西入 京都産業会館2階 TEL 075-211-9311

*2クラフト京都(東洋ケース株式会社
〒615-8204京都市右京区西京極畑田町8
TEL 075-313-5961  FAX 075-313-6651 メールアドレス kraft@craft-kyoto.com

*3ニューヨーク国際ギフトフェアー
 JETRO事業の「NYIGF2007ジャパンブース」に財団法人京都産業21異業種交流会「Kyoohoo!?(キョフー)」が出展します。小堀からは、お仏壇の原点「天平厨子」の他、彩蒔絵転写シール、腕輪念珠やおろうそくなど仏事用品を出品します。
  ◇名 称  New York International Gift Fair
  ◇期 間  2007年1月28日~2月1日 
  ◇会 場  The Jacob K.Javits Convention Center
  ◇場 所   New York, USA

◆ミニ仏壇天井に転写された彩蒔絵シール
null


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー