2007/06/23 京都新聞 記者がゆく 伝統産業 熱い「体験観光」作戦

伝統産業 熱い「体験観光」作戦 顧客獲得は 鍵は「感動」

“本物”アピール、積極展開

「体験学習観光」に注目が集まる中、工房公開や体験事業を「観光客呼び込み」としてだけでなく、伝統産業のイメージアップや顧客獲得につなげようと、積極展開する企業が出始めている。不振が続く伝統産業の活性化の呼び水となるのか、取り組みを追った。(社会報道部 小川卓次)

きらびやかな寺院の仏具や精巧な家庭用仏壇などの製造販売を手がける小堀(京都市下京区)。木地や漆工などの職人が働く工房(山科区)には、寺院関係者や修学旅行生など多様な客が訪れる。
見学者は、真宗大谷派東京教区川崎組の一行41人。到着二時間前、小堀の主要スタッフが会議室に集まる。「取引状況は」「誕生日の人はいる?」。一行と付き合いのある練馬支店(東京都)の社員とテレビ電話で情報交換し、ニーズの確認やプレゼント配布の有無などを話し合う。まるで高級ホテルの接客スタッフのようだ。

(京都新聞2007年6月23日土曜日夕刊9面掲載 社会報道部小川卓次記者)

 画像をクリックすると、別画面で、拡大画像をご覧頂けます。

コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー