2008/02/27 京都新聞 アフガンの子に学びの炎

京都新聞 アフガンの子に学びの炎燃え残りろうそく集め寄贈

原油高の高騰で貧しい住民はランプの油も買えない状況がつづいており、和ろうそくは太くて長持ちするため、喜ばれているという。法要や葬儀などで使ったろうそくは通常、全長の九割が燃え残ったまま、廃棄されてる。再利用を考えていた小堀が、ランドセルをアフガンへ贈る運動を進めるジョイセフを知り、05年秋に持ちかけた。
<一部抜粋>

画像をクリックすると、別画面にて全体記事をご覧頂けます。


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー