2008/08/29 仏像もライトアップ!仏具専用のLED照明、新発売

  - 仏像・お掛軸用、黄金色発光ダイオード -

 京仏壇京仏具製造小売の「小堀」(本店・京都市下京区)は、発光ダイオード(LED)を使った仏具専用の照明具を独自に開発、寺院の仏像や掛軸、一般家庭の床の間にかけられる掛軸などの照明用として発売します。

 同社では、伝統と先端の融合を積極的に進めていますが、金箔製品や掛軸に相応しいLED照明具を開発しました。これまでの白色照明による照射では金箔の色が白っぽく見え荘厳感が失われるという欠点がありました。また、ご本尊やお掛軸をスポット照明できるほどの輝度が不足していました。
 「金箔の色合いを失わない黄金色の光」「ご本尊・お掛軸が浮かび上がる高輝度」を求められるお客様のご要望に応え、2年間をかけて完成することができました。
 発光ダイオードは、照射対象物に熱や紫外線を与えませんので、仏像や掛軸の劣化が少なくなります。
本体は、巾6㎝ 高さ11㎝ 奥行き7㎝ 直径5.7㎝とコンパクト設計で、電源(100V)さえあれば、どこでもかんたんに使用できます。
 その他に、「消費電力が少なくランプ寿命が長く経済的」「パワー5Wх1対=10Wの高輝度」「スタンドとの接合部にマグネットキャッチを採用し光の方向が自由に変えられる」という特長があります。
 価格は、本体金箔押仕上げが120,000円、黒色仕上げが110,000円(1対、消費税込)。金額には、電球及び専用コード(1.4m)と専用ACアダプター及び専用コード(1.8m)1対を含み、半対(1コ)の場合は半額になります。また、高さ調整や取り付け部の変更など、スタンド部の別注品の注文も請けます。(別途見積) 発売は9月25日からですが、9月5日から注文を受け付けます。本店支店の店舗の他、ホームページでも買うことができます。
 同社小堀進専務は、「観光寺院の外観をライトアップされるのと同時に、内部の仏像のライトアップにもお使いいただき、自然と手があわさる心が広がれば‥」と願いを込めます。