2009/01/27 古代厨子シリーズ(Ancient Zushi Series)をユーチューブで発信

 ~ お仏壇の原点、日本の伝統美が世界を巡る ~

 京仏具小堀(本店:京都市下京区)は、昨年11月にシリーズ化したお仏壇の原点「古代厨子」の3D(3次元)コンピュータグラフィック(CG)のCMを制作、動画投稿サイトの「ユーチューブ」で世界へ向けて発信します。

 ネットレイティングス株式会社-プレスリリースによると、ユーチューブは2005年12月に公開、日本の家庭からの利用者は4ヶ月後の2006年3月には10倍の200万人、2007年には1000万人を超え、史上最速で利用者が1千万人に到達しました。ネットユーザーの4人に1人が月に最低1回、YouTubeサイトを訪問していることになります。
 これまで企業から顧客への語りかけは、テレビ・新聞・雑誌などの広告や企業パンフレット・ホームページ掲載などで、その対象範囲も限定的でした。しかし、同動画サイトによるメッセージは、言葉を超えた人間の感覚(視覚・聴覚)への訴求を容易にし、その範囲も世界に向けて発信できます。また、動画を見た人は意見や感想など、コメントを書いたり、レスポンスを書くことができ、世界中に今までにない顧客との共感の場を生み出すことが可能になりました。
 小堀では、古代厨子シリーズ「飛鳥時代の厨子」「天平厨子」「白鳳時代の厨子」といった精神性が高い商品によって、新しい市場の創造をめざしています。仏教が伝来したころの簡素な美を表現、宗派による約束事もなく自由な使い方ができます。リビングやピアノの上などに置いても調和がとれることから、インテリアとして部屋に飾り、従来のお仏壇の概念を越えた使い方を世界へ向けて発信します。
 今回のCM動画は、ゲームソフトの制作経験がある小堀拓(こぼりたく)(小堀専務の長男、本店勤務)が制作編集を担当しました。11月21日現在のユーチューブ動画検索結果は、キーワード「仏壇」で87件(内6件は小堀)、「伝統産業」では22件と、業界や伝統産業の分野での利活用が出遅れています。小堀進専務は、「言葉だけでは価値を伝えにくい日本の伝統技術や日本古来の伝統美こそ、ユーチューブ発信すべき」「その感覚・感性の共有が実現できれば仏壇業界全体だけでなく、あらゆる日本の伝統産品の世界展開にチャンスが広がる」と利用を訴えかけます。
 小堀の古代厨子シリーズの動画URLは、http://jp.youtube.c… ですが、小堀ホームページhttp://www.kobori.c… からも見ることができます。