2009/09/16 “動画で共感の場を!” 情報共有から人間感覚共有へ

  - 仏壇小堀ホームページに50本を越えるYouTubeを載せる -

 京仏具小堀(本店:京都市下京区)は、ホームページに動画専用ページを立ち上げ、日本の伝統美や技術、経営者の語りかけなどで小堀の企業文化を世界へ向けて発信します。

 同社では、判りにくい仏壇仏具の価値を伝えるために、2002年からインターネットを使った「仏具の製作工程公開サービス」に取り組んできました。その後、日本の通信環境はさらに進化し、定額・高速通信回線の普及で動画や音楽などの視聴やダウンロードができるようになりました。
 動画投稿サイトのユーチューブが2005年12月に公開されると、2007年の利用者は1千万人を超えました。ネットユーザーの4人に1人が月に最低1回、YouTubeサイトを訪問しています。
今や、インターネットは、単に言葉や静止画像による情報の共有レベルから、動画や音楽を使った人間感覚の共有が可能になりました。
 同社の動画専用ページのカテゴリーは、「ご納入例」「製品・技術」「メッセージ」「イベント」「社会的取り組み」「その他」です。「ご納入例」は、実際にそこの寺院へ行って手を合せたくなる。精神性を深め、やすらぎたくなる。そんな共感の場をお客様と一緒になって生み出します。「製品・技術」では、お客様がご存知ない自らのニーズに気付いていただきやすくなり、顧客の創造をします。「メッセージ」は、経営者や社員が生の声で語りかけ、人物やセンスをオープンにします。「イベント」は、実際にそこへ行って感動してみたくなる。「社会的取り組み」では、世の中に大切なことを残せる活動に一緒に参加したくなる。また「その他」では、経営者のプライベートの部分も載せ親近感を高めます。動画を見た人は意見や感想などを書くことができ、世界中に今までにない顧客との共感の場を生み出すことが可能になりました。
 総務省によると、2009年1月末時点のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)利用者は、ブログ登録者数が約2,695万人、SNS会員数は約7,134万人に達します。これは、人は誰かとつながっていたい、何かに参加していたいということを示すものです。小堀専務は、“仏像人気が高まっていますが、動画を見た人がお寺にお参りに行く機会になればいい”と思いを込めます。動画によってやすらぎや精神性を高めたいという人の欲求に応えることができれば、仏法浸透を務められるお寺様の一助にもなります。 伝統技術を駆使した製品づくりだけでなく、深い安らぎが共感できる場を提供するサービスへの挑戦が始まりました。動画専用ページは同社ホームページhttp://www.kobori.c… トップページ「小堀の動画」で見ることができます。

 

 

 


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー