2010/01/27 お仏壇ショップをリニューアルオープン

 - クラウド・コンピューティングと連動でお客様との関係を深める -

 京仏具小堀(本店:京都市)は、一般家庭用のお仏壇お仏具のショッピングサイト「お仏壇ショップ」をリニューアル・オープンし、今話題となっているクラウド・コンピューティングの一形態であるSaaSで構築中の「お客様サービス向上システム」との連動によりお客様との関係性を深化展開します。

 同社のホームページは、メインサイトの「仏壇仏具選び方ガイド」、仏事情報サイトの「仏事百科」、ショッピングサイトの「寺院仏具」と今回リニューアルの「お仏壇ショップ」の4サイトです。2003年12月にオープンのYahoo!ショッピングサイトは2009年12月末日にサービスを終了、自社のお仏壇ショッピングサイトに統合して2月1日にオープンします。
 これらのサイトを現在SaaSで構築中のソフトウェアと連動して、独自にお客様へのサービスを高め、お客様との関係性を深めます。お客様がかかえておられる問題や不安、求めておられることなどを深く知り、それらを解決できる情報やサービスをお客様に提供し続けます。
ニュースレター・サンキューレター・セールスレター、メールマガジンを多様に用意し、お客様の好みにあうテーマを選び、了解をいただいたうえ送ります。
 あらかじめ設定した日時に電子メールで予定を通知するリマインダー機能を使い、特定のお客様への特定の情報やサービスの案内を、担当者に自動的に知らせ、担当者がお客様に送ります。資料請求のあったお客様に30日後にサンキューメールを送ったり、希望者にニュースレターを送ったり、法事前や一周忌前に好みのお線香やお香のセールスレターを送るなどの他、様々なコンタクトをとり続けます。
 人口減の時代に対応すべき取り組みの一つが、「生涯顧客化」です。新規顧客よりも既存顧客の方が関係性を深める費用対効果が大きいことから、「資料請求があったのにそれっきり・・・」「工房見学に来ていただいたのにそれっきり・・・」「お仏壇を買っていただいたのにそれっきり・・・」といった既存のお客様と、再び深いつながりをつくります。一般のお客様との関係性は、多くが購入後2~3年で薄らいでしまうなど限られた期間だけでしたが、顧客ロイヤリティを高め、一生のお客様になってもらえるしくみづくりをWebとSaaSを使ってつくり始めます。
 このシステムは、財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)がクラウド・コンピューティングの普及を促進する「関西イノベーションパートナーシップ事業SaaS導入研究会」にて支援をいただき、株式会社システム創見に発注、3月下旬に完成します。また新しいお仏壇ショッピングサイトは株式会社エグザムが製作中で、今人気のiPhone 3GSでも専用のレイアウトで見ることができ、資料やカタログの請求ができます。
 お仏壇ショップのURLはhttp://www.butsudan… で、メインサイト(http://www.kobori.c…)のトップページからも入れます。