製作工程ご報告サービス(メンバーズ)

京仏壇小堀では発注いただきました仏壇、仏具等の商品について、製造工程のご報告サービスを行っております。ご注文お仏具の製作工程技術者のプロフィールやコメントを添えてご報告致します。


木地→彫刻→塗り→蝋色→彩色→金箔→仕立て(加工)

まで、それぞれの工程を丁寧にお見せするとともに制作技術者の一言も掲載いたしました。他では見られない小堀の新しい試みです。

サービス

孫の賢一君はインターネットでおじいちゃんが楽しみにしているお寺の仏具の進み具合を見せてあげます。おばあちゃんも安心した様子で手を合わせながら「おじいちゃんよかったね~」とつぶやきます。
おじいちゃんにパソコンを買ってもらった賢一君も「おじいちゃんには感謝しないとね!」と嬉しいことを言ってくれる。
おかげさまで、みんながさわやかな安らいだ気持ちになれて、私も子供達も毎日が気分よ く暮らせるの。
「如来さまのおかげだね~」

お檀家様がお寺様へお仏具をご寄進される際には、お仏具というモノの豊かさ以上に心の豊かさをお求めになられます。お仏具に託される宗教的な特別な思い、そんな尊いお心を技術者にお伝えすることで匠の技が存分に発揮され、一層「技」と「心」に研鑚を高めることができます。私たちは、お客様と技術者間に双方向の対話を高めることで、自らが高度な技術を発揮できる「心の環境作り」を目指します。不安な現代では、単に品質やサービスをご提供するだけではなく、心のやすらぎを基盤とすることによる生活や精神の充実に焦点を合わせることが大切です。

古来、伝統工芸に携わる技術者の世界では、情報開示に無関心でしたが、このことはお仏具の正しい価値を広める弊害を意味します。お仏壇お仏具は精神文化の象徴ですから、成熟した文化ならば、「お客様」「技術者」「店」が同等の情報量(知識)を持って、理想のお荘厳をカタチにすることができます。品質判定には専門的な情報を必要とするお仏具は、単純明快で判り易い「安価」という評価軸だけで選定責任を果たされる傾向があります。お檀家様がお求めになられる尊いお心にお応えするには、「看板」や「品質表示」だけに頼られることなく、価格の裏側にある別の価値情報を検証することが重大な責務です。

「製作工程報告サービス」が、モノの豊かさではなく心の豊かさにお応えできる原動力となり、結果として21世紀の日本の歴史にも逸品を残し、日本の伝統文化の継承やそこに携わる業界全体のモラル向上にお役に立たせていただければ幸甚に存じます。

サービス

お問い合わせはこちらから承っております。


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ
null
カタログご請求のページへ

知っておきたい「弔事の服装」解説付お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。


うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー