2014/04/30(№123) 日本のお寺で使用済み和ろうそく、アフガニスタンへの搬出が決定

「京仏具(株)小堀」(本店 京都市)は、日本のお寺で使用済みろうそくを途上国の子どもたちに寄贈する活動を進めていますが、昨年回収したろうそくをアフガニスタンへ向け、5月7日に同社工房「小堀京仏具工房」(京都市山科区)から搬出することが決まりました。

 日本の寺院では、行事が終わると全体の長さの1~2割程の使用済みろうそくが大量に残ります。一方、アフガニスタン・ナンガハール州では、一日に1~2時間しか電気の供給が得られません。貧しい住民らは石油ランプ、ガス灯などを買う余裕がなく、ろうそくは子どもたちの勉強の他、日常生活にもたいへん役に立っています。今回の寄贈は次の通りですが、いったん横浜の貿易倉庫に保管されアフガンへの出港を待ちます。

・搬出日時    5月7日(水)午前11時
・搬出場所    小堀京仏具工房 〒607-8301 京都市山科区西野山百々町88
             TEL075-591-0165(代)
・数 量    ろうそく本数3,633本
      パッキンケース(縦39センチ横29センチ高さ27センチ)28コ
・搬入先    KK横浜貿易倉庫内 有限会社サンライト JP事業部(5月9日(金)午前 着)
           〒224-0053神奈川県横浜市都筑区池辺町4261-13
・費 用    国際輸送費@3千円×29箱=8万7千円
      寺院様からの寄付や小堀社長の講演代金から充当します。
      また、国内輸送費は株式会社小堀からの寄付です。

今回もろうそくは、使用済みランドセルの寄贈事業を進めておられる公益財団法人ジョイセフさんに、ランドセルと一緒にお送りいただきます。
2004年4月から始めたこの活動で、これまでの使用済みろうそくの寄贈本数*2は7万5千本、ろうそく提供にご協力をいただいている日本のお寺様も延べ884ヶ寺になり、多くの人々の善意によりこの活動が支えられてきました。
「現地から送られてきた、ろうそくを手に微笑む少女の写真…、むしろ幼いこの少女が、この活動に参加する私たちにささやかな幸せを届けてくれている。活動に関わるすべての人がほのぼのとした気持ちになれば素晴らしいことです。」、10年この活動を続けてきた小堀進社長がそのような感想を言います。


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー