2013/08/02 金仏壇の技術でつくる「金念珠」を販売

高級念珠で技術を伝承する、家族のつながりを深める

仏壇仏具製造小売の「京仏具(株)小堀」(本店 京都市下京区)は、京仏壇・京仏具の伝統技術を使った高級念珠を製作、展示会販売などを中心に優れた伝統技術の魅力を訴え、技術の伝承をめざします。

小堀では、創業1775年(安永4年)以来、寺院用仏具・内装、一般家庭用仏壇の専門店として営業を続けてきました。精神文化を象徴する仏壇仏具は、日本人の宗教心によって歴史に逸品を生み出してきました。しかし、日本人のお寺離れや宗教観・家族の姿の変化などによりこの20年は需要が低迷、宗教用具製造品出荷額はピーク時から3割以下にまで減少しました。最近では先祖代々受け継がれた立派な仏壇を処分し、みかん箱サイズよりも小さい小型仏壇に買いかえる相談が増えています。先祖とのつながりや家族の絆を深めてきた仏壇のあり方を見直す必要があります。伝統技術を駆使して作られてきたのが「金仏壇」ですが、その技術を念珠に活かして製作したのが今回の新製品「金念珠」です。けやき材に同社工房で国産(浄法寺漆)のうるしを使って塗ったうえに、蒔絵の技術を使った「龍舞」と、金を撒いた「天金」の2点を製作しました。「たいせつな人がたいせつに使っていたもの」としてご先祖を身近に感じてもらいながら受け継いでもらう特別な念珠です。

金念珠は、8月中旬までは小堀本店に展示、以降は同社支店や各種展示会に出品の予定です。
価格は「龍舞」が1,090,000円(消費税5%を含む)、「天金」が1,390,000円(消費税5%を含む)で、今月から注文を受け付けます。
「研ぎ澄まされた伝統技術と優れた自然素材を手で触れ、日本人の豊かな感受性を受け継いでもらえればうれしいことです」と小堀進社長が願いを込めます。

「金念珠」のパンフレットは、こちらからPDFデータでご覧いただけます。


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ
null
カタログご請求のページへ

知っておきたい「弔事の服装」解説付お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。


うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー