2013/6/24 永代供養墓・納骨堂 運営セミナーin名古屋 Vol.5

これからのお寺の100年を切り拓く~永代供養墓・納骨堂の戦略デザイン

20130624nagoya

お陰様をもちまして、好評のうちに終了致しました。多数のご参加を頂戴しありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからのお寺の100年を切り拓く ~永代供養墓・納骨堂の戦略デザイン~

6月24日(月)開催!!

「永代供養墓の運営には、目先の計画ではなく、
10年、100年という時間野中で考える計画が必要だ」

oteranomirai
講師の松本紹圭氏

寺院運営に永代供養墓を取り入れるお寺が増えています。永代供養墓は、現代における新たな縁づくりの受け皿として、大きな成果が期待できるものです。現代のような家族のあり方を考えると、すべてのお寺に永代供養墓が必要だと言っても過言ではありません。
しかし現実には、永代供養墓を建立したお寺の90%は、申し込みが少ない、ご縁が育たないなど様々な課題を抱えています。

なぜ失敗したかを調べてみると、ほとんどが同じ原因によるものです。
それは、戦略と事業計画がずさんだということです。寺院が育ててきた無形の価値を活かす長期的な戦略が欠如していることにより、目先の動きに振り回されてしまいます。
また、いいかげんな計画で事業を始めた結果、地域の実情にあわない規模の永代供養墓を建ててしまったり、場当たり的な募集活動しかしてなかったりと、中途半端なプロジェクトに終わっているのです。

jiin-design

講師の薄井秀夫氏

永代供養墓の運営は、きちんと行いさえすれば必ず成果が生まれるもの。地域と現代社会の実情を踏まえた事業計画があれば、10年後の寺院活動が今以上に充実した内容になるのは間違いありません。
今回のセミナーでは、永代供養墓の戦略と事業計画を中心に講義を行います。
これから永代供養墓を建立するという方はもちろん、すでに建立したが事業計画を見直したいという方、広報活動を改善して効果的な募集を行いたいという方など、たくさんの方のご参加をお待ちしています。

 

「未来の住職塾」x「寺院デザイン」
今回は、「未来の住職塾」の松本紹圭氏と「寺院デザイン」の薄井秀夫氏の二人によるセミナーとなります。
寺院運営のデザインに関してのパイオニアである二人が同じテーマで講義を行う初めての機会でもあります。「未来の住職塾」×「寺院デザイン」の初コラボレーション。異なる視点の二人ですが、「永代供養墓の運営には、目先の計画ではなく、10年、100年という時間の中で考える計画が必要だ」という意見が一致し、今回のセミナーが企画されました。
永代供養墓の運営と寺院の未来を新たな視点で考えます。刺激的な内容のセミナーになることをご期待ください。

[講師紹介]
■松本紹圭 未来の住職塾 塾長
 浄土真宗本願寺派光明寺僧侶。一般社団法人お寺の未来代表理事。東京大学文学部哲学科卒業。
 Indian Shool of Bisiness でMBAを取得。2012年、若手住職向けにお寺の経営を指南する「未来の住職
 塾」(http://www.higan.net/juku/)を開講。全国各地で各宗派から意識の高い若手僧侶数十名が「お寺から
 日本を元気にする」志のもとに集結し、学びを深めている。著書多数。
■薄井秀夫 寺院デザイン代表取締役
寺院の運営コンサルティング会社の寺院デザイン代表。永代供養墓の事業計画や運営コンサルティングをはじめ、お寺と地域の協働、行事の企画などのサポートを行っている。著書に『寺院墓地と永代供養墓をどう運営するか』『人の集まるお寺のつくり方』『10年後のお寺をデザインする』など。

パンフレットはこちらから、PDFファイルでご覧いただけます
 詳細のページは、こちらからご覧いただけます

 
 

コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ
null
カタログご請求のページへ

知っておきたい「弔事の服装」解説付お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。


うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー