2012/12/07 仏壇工房の見学者が前年比26%増の1700人を突破

顧客感動化の取り組みで見学者からの評判が広まる

 京仏具小堀(本社・京都市下京区)は、同社工房(小堀京仏具工房:京都市山科区)に訪れる見学者に対し感動レベルのサービスを始めて以来、来場者数が40倍以上に増え、その後も堅調に伸びています。今期は予約も含め前年比26%増、一年間の来場者数が1,700人*1を突破しました。伝統技術と仏教文化の良さの広がりに期待が込められます。

 同社工房設立の1996年当時の見学者は、年間40~50人程度の仏壇仏具の発注顧客だけでしたが、2005年から取り組んだ「顧客感動化」で来場者が急激に増えだしました。来場者の情報をリサーチし、来場1時間前の感動ミーティングで、出迎えるスタッフ全員で限られた情報の中から最大限に喜んでもらえるアイデアを考えます。 「工房前後のスケジュールや見学の目的をリサーチし、そのグループの人だけに向けた参考資料」「誕生日の方や帰敬式を受けた人にこころばかりのプレゼント」「見学時のスナップ写真をCDにコピーしたお土産」「食膳金箔などの記念品」など、来場者のことを深く知ったうえでの高度なサービスに徹します。

 工房に到着すると概要説明の後、木地・漆工・金箔・仕立の4行程を目の前で見て、続いて資料館で杯に金箔を貼る体験をします。数人のスタッフが一人ひとりに手を差し伸べ、体験が人の親切を感じるよろこびの場となりコミュニケーションが深まります。プレゼンテーションでは、見学中の写真、これから訪れる観光名所や見学者にゆかりの映像が次々と写し出され歓声があがります。伝統技術や精神文化、企業理念などのお話しの後、最後に「お仏壇ハッピーエンド物語」で、スタッフの仕事にかける思いや忘れられない顧客とのエピソードが映像とともに紹介されます。来場者は、期待を上回るスタッフ全員からのもてなしに感動され、時には感激のあまりに涙する人がいます。

 見学は通常90分のコース(体験なしの場合は60分)で毎週火・水・木・金曜日(8/13~8/16、祭日、年末年始等を除く)、10時/13時/15時のいずれかで予約がいります。体験料は一人1回500円、見学は無料です。

 需要の減少で伝統技術の伝承にも厳しさが増します。小堀進社長は「子どもたちに自分の目と手で感じる力、モノを見ようとする目を養ってもらいたい。自分の感覚で日本の伝統技術の良さと手を合わす心の大切さを感じてもらいたい。そのきっかけはわずか30分の体験でできます。」と願いを込めます。

 


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ
null
カタログご請求のページへ

知っておきたい「弔事の服装」解説付お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。


うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー