2012/10/26 七色のお仏壇「灯(ともしび)セブン」注文受付開始

~ 白い部屋に白いお仏壇 ~

 仏壇仏具の京仏具(株)小堀(本社・京都市下京区)が七色の中から選べるオリジナル新型仏壇「灯(ともしび)セブン」の注文受付を開始します。「」はシンプルなデザインが評価され、2003年にグッドデザイン賞を受賞しましたが、カラーバリエーションを増やすことで仏壇のある生活空間を広げます。

 小堀では、半世紀前に「生活様式の洋風化」「モノの豊かさから心の豊かさへ」という社会の変化に合わせ、業界に先駆けこれまでにない新仏壇を提案しました。当時、開発を手がけた故小堀嘉一同社前会長の設計コンセプトは「シンプルなデザインで洋室にも調和がとれるお仏壇を」でした。 
 今年春、「いろいろ探したが好む仏壇がない、白い部屋には白い仏壇、扉を開けると金色の浄土が広がる仏壇が欲しい」というお客様に白色仏壇の注文を受け納入しました。
この10年で同社仏壇の売上数量は27%減。「売れないのには理由がある。不況だけでなく消費者にとって魅力のある商品がないから」と小堀社長は思いを語ります。高齢者の一人住まいが増えた今、これからのシングル向けに明るい色調5色を加え「白色・薄茶色・黄色・水色・桃色・ため色・黒色」の七色のお仏壇で多様化に応えます。
 同社工房の塗師職人は「従来の黒色系下地に対して新5色は白色下地を使用、質感や風合いを出すのに苦労したがマンションや洋室に違和感なく受け入れられる。伝統産業の職人にも革新が求められる。」と言います。
「灯セブン」の寸法は下巾52センチ・高さ74センチ・奥行き41センチ、価格はため色(ワインレッド)と黒色が496,000円、その他の5色は595,000円。合成塗料(カシュー)塗り。11月1日より本店にカラーサンプルを展示して注文を受け付けます。製作期間は注文後2ヶ月半。和室が少なくなった日本の住居ですが、「灯セブン」で時代にあった新しいお仏壇のある暮らしを提案します。


コメント & トラックバック

トラックバックはできません。

コメントはありません。

コメント





XHTML: 記述の中に以下のタグが使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

カテゴリー
注目
お問い合わせ

null
カタログご請求のページへ

お仏壇カタログ進呈(無料)
お電話でのご注文、お問い合わせは

フリーダイヤル
0120-27-9595

フリーダイヤルは小堀本店で受信します。お電話受付は午前9時~午後6時[年末年始12月29日~1月4日まで休業、それ以外は年中無休]

メールでのお問い合わせは下のボタンをクリックしてください。

うまく送信できない場合は直接、info@kobori.co.jp にお送り下さい。

ご寺院様コーナー
メインカテゴリー