2012/06/22 寺院運営セミナーを開催in名古屋

寺院運営セミナーを開催in名古屋

 

10年後のお寺をデザインする—–お寺の将来設計、資産管理、永代供養墓

お寺のコンサルティング事業の株式会社寺院デザイン*1(東京都中央区)と京仏具小堀(京都市下京区)が6月29日に名古屋で、全国の寺院を対象にした寺院運営セミナーを開催します。

少子・高齢社会で寺院を取り巻く環境は急速に変化し、江戸期以来続く檀家制度や先祖代々の墓守制度が揺らいでいます。東京では、僧侶のいない直葬や、近親者がいないことによる無縁死が社会問題化しています。寺院にも、行事参加者の減少、法事件数の減少、さらには檀信徒との関係疎遠化など、様々な問題に直面していますが、いずれは全国に波及することでしょう。

一方、東日本大震災による代償はあまりにも大きすぎましたが、大きな気づきをいただいたことも事実です。多くの日本人が、「今苦しんでいる人のために何か自分にできることはないだろうか」と、自利利他の精神、仏教的な生き方を求めました。日本人の意識が変わった今こそ、10年後を見据えた寺院運営について考えていくときであると、「10年後のお寺をデザインする」をテーマにセミナーを開催します。

寺院を対象にしたセミナーは今回で4回目ですが、毎回、全国から定員を上回る参加で、これからの寺院のあり方を真剣に考える住職が増えていることを示しています。また、問題意識の高い住職どうしが宗派を超えた交流機会になればと、セミナー終了後に先生を招いて懇親会を開催します。
 セミナーの概要は、

・内容/「10年後のお寺をデザインする」「住職退職金制度の整備と宗教法人の資産管理」
 「永代供養墓・納骨堂のつくり方」

・日時/平成24年6月29日(金)午後1時30分〜4時45分

・場所/TKP名古屋ビジネスセンター 7階大会議室
  名古屋市中村区椿町1-16 (JR名古屋新幹線口徒歩1分)

・定員/60名  ・参加費/10,000円(税込)

・申込窓口/株式会社小堀(℡075-341-4121)