小堀京仏具工房のご案内:金箔の部屋

 

漆を塗った部材の上に金箔を押していきます。
金箔の良し悪しは、厚みや純度だけではなく、箔打紙の
質によって大きく異なります。
 

☆ここが小堀はちがいます。☆
当 工房で用いている金箔は、「縁付箔(えんつきはく)」とよばれ、約20年の歳月を掛けて灰汁ぬきを施した和紙(二股紙)で打った金箔です。最近は、この和 紙の代わりに硫酸紙(グラシン紙)が用いられている事が多くなりました。しかし、硫酸紙を用いると、表層の薬分により、金箔は伸び易く量産が可能ですが、 変色が起こりやすくなります。
金箔のかがやきに深みをもたせ、また密着性を高めるために、生漆を接着剤として用いています。従って、漆塗りと同様に、乾かすためには、適当な温度と湿度が必要となり、箔押師の経験と勘に左右されます。
製作工程以下のリンクからご覧になれます。
※ご覧になるには「Windows Media Player」が必要です。
(ダウンロードはコチラから)
お仏壇製作工程4
  • でも「違い」をこの画面だけでお伝えすることはできません。

    ぜひ工房で実際にご覧ください。

木地の部屋漆工の部屋仕立の部屋京仏具資料館